4月16日(月)に、ベトナム・ハノイ市で介護実習生の面接試験を実施し、4社8名の内定者を決定しました。
また、5月 9日(水)には、インターネットで、自動車整備実習生の面接試験を行い、1社2名内定者を決定しました。

介護実習生の希望者は、医療専門学校の介護学科や福祉学校、医療短期大学(介護学科)、医療短期大学(社会医療学科)、短期大学(医療学科)を卒業し、老人ホーム、病院に勤務したことのある方10名が応募してくれました。
現地を訪問した組合員の方々は、応募生の意欲的な応対を高く評価してくださいました。面接後すぐに内定者を決めましたので、面接者からは「みんな優秀で甲乙付けがたく、選ぶのが難しい」という感想も多く出ました。

自動車整備の内定者の内1名は自動車整備の業務経験者ということで、技能的要因から内定を頂きました。しかし、もう1名は自動車整備の経験はありませんでしたが、実習先企業様が意欲的な姿に感銘を受け、「1から育てたい」という事で内定を頂きました。

内定した実習生は、全寮制の研修所でみっちり日本語講習、職業意識講習を行います。そして、自動車整備実習生は10月、介護実習生は来年2月に入国する予定です。日本語研修を経て、更に成長した姿を見るのがとても楽しみです。

【お知らせ】
介護、自動車整備だけでなく他の職種も含めて外国人技能実習生を受け入れに興味がございましたらe-メール、お電話でお問い合わせ下さい。

TOPへ


MENU