これからの企業経営は外国人の有効活用がさらに重要になってきます!!

安倍晋三首相は24日(火)、外国人労働者の受け入れ拡大を指示しました。当初外国人受け入れ新制度の対象業種を「農業・建設・造船業・宿泊・介護」としていましたが、金属プレスや鋳造など一部の製造業や外食産業も対象となる見込みとなりました。
これにより外国人の日本での就労は、実習生5年+新制度5年の最長10年間日本での滞在が可能になります。
尚、この制度は秋の臨時国会に新たな在留資格をつくる入管法改正案が作成・提出され来年4月から運用が開始されます。

TOPへ

MENU